ブロックチェーンとは?基礎知識とメリット・デメリットを解説

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

技術用語解説

ブロックチェーンとは一体何なのか、分からない人がほとんどです。実は、ビットコインと深い関係がある技術です。この記事では、ブロックチェーンの基礎知識や特徴、種類、メリット・デメリットを解説します。

この記事を読めば、ブロックチェーンの幅広い可能性が分かります。ブロックチェーンの仕組みや用途を知ることで、今後の技術動向に敏感に対応が可能です。

ブロックチェーンの基礎知識

ブロックチェーンは、連続したブロックに取引データを記録する分散型台帳技術を基盤としています。各ブロックは、前のブロックと暗号学的にリンクし、ひとつのチェーンを形成します。

一度記録したデータは、改ざんがほぼ不可能です。ブロックチェーンには、高い透明性と信頼性があり、システムエラーを起こしにくい特徴があります。

ブロックチェーンの歴史と基本構造

ブロックチェーンはビットコインとともに、2008年にサトシ・ナカモトによって初めて提案されました。ブロックチェーンの基本構造として、各取引データがブロックにまとめられています。ブロックはチェーンのように連結され、前のブロックの情報を含むことで新しいブロックが形成されます。

各ブロックには、タイムスタンプや前のブロックのハッシュ値、取引データが含まれており、データの改ざんはほぼ不可能です。分散ネットワークもブロックチェーンの重要な特徴です。ブロックチェーンには、中央管理者がいません。

ネットワーク内の各ノード(ネットワーク参加者)が、それぞれ同じ台帳を保持しています。整合性のあるデータが分散されているため、データ全体の信頼性を保てます。

ブロックチェーンとビットコインの関係

ビットコインは、ブロックチェーン技術を初めて実用化した仮想通貨です。ビットコインの取引をブロックという単位にまとめ、連続してチェーン状に追加していくのが、ブロックチェーンの仕組みです。チェーン状の構造により取引履歴の改ざんを防げます。
» 仮想通貨とは?仕組みと種類、メリット、デメリットを解説!

分散型のデータ管理は、ビットコインの大きな特徴のひとつです。ブロックチェーン上のデータは暗号化されています。ビットコインの各取引が暗号化されているため、不正な取引やハッキングから守ることが可能です。

ビットコインとブロックチェーンは、密接に結びついています。ビットコインの成功は、ブロックチェーン技術の有用性を証明するものです。
» 仮想通貨が獲得できるBraveとは?特徴を解説

ブロックチェーンと従来のデータベースの違い

ブロックチェーンは分散型管理が求められる場面で効果を発揮し、従来のデータベースは効率性と柔軟性が必要な場面で役立ちます。

ブロックチェーンと従来のデータベースの違いは以下のとおりです。

システムブロックチェーンデータベース
管理方法分散型管理集中集権的管理
取引履歴公開される権限がある者のみ確認できる
データの修正困難容易
コスト高い比較的安い

ブロックチェーンの特徴

ブロックチェーンの最大の特徴は、中央サーバーに依存せずにデータを管理できることです。高い信頼性と安全性を持つデータ管理システムとして機能しています。

ブロックチェーンの特徴は以下のとおりです。

  • 分散型のP2Pネットワークを使用している
  • ハッシュ関数によりデータの整合性を確保している
  • コンセンサスアルゴリズムでネットワーク全体の合意を得る
  • 電子署名でトランザクションの正当性を保証している

P2Pネットワーク

P2Pネットワークは、分散型ネットワークの1種です。中央サーバーが存在せず、ノード(ネットワーク参加者)同士が直接やり取りする仕組みです。システム障害に強く、継続して稼働できます。

各ノードが平等な権利を持ち、ネットワーク全体のスケーラビリティ(システムの変化に柔軟に対応できる度合い)が向上します。データの信頼性と整合性を保つことが可能です。

P2Pネットワークは各ノードが自ら管理するため、ネットワーク参加のハードルが低くなります。セキュリティも向上し、分散型ネットワークの強みが生かされます。P2Pネットワークは、多くのサーバー依存型の問題を解決できる技術です。

ハッシュ関数

ハッシュ関数は、暗号学的手法を使用してデータを固定長の文字列に変換する技術です。データの整合性と改ざんの検知が可能になります。

ハッシュ関数の特徴は以下のとおりです。

  • 出力は元のデータに固有であり、一方向にしか計算できない
  • 小さな入力の変更でも大きく異なる出力を生成する
  • 同じ入力からは常に同じ出力が得られる
  • 衝突が極めて起こりにくい設計になっている
  • ブロックチェーンではデータの整合性と改ざんの検知に利用される
  • よく使われるハッシュ関数にはSHA-256やSHA-3がある
  • ブロックチェーンの各ブロックのチェーン化に不可欠である

ハッシュ関数は、ブロックチェーンにおけるセキュリティとデータ整合性の重要な要素となっています。

コンセンサスアルゴリズム

コンセンサスアルゴリズムは、分散型ネットワーク全体で合意を形成するためのプロトコルです。ブロックチェーンの整合性と信頼性を確保するために必要です。

代表的なアルゴリズムである、PoW(プルーフオブワーク)PoS(プルーフオブステーク)の特徴は以下のとおり。

コンセンサスアルゴリズムPoW(プルーフオブワーク)PoS(プルーフオブステーク)
ブロック生成計算資源通貨料
電力消費大量少ない

アルゴリズムは、ネットワークの目的とニーズに応じたものを選択しましょう。

電子署名

電子署名とは、公開鍵暗号を利用してデジタルデータの真正性と安全性を保証する技術です。署名者の身元を証明するために使われ、送信者と受信者の双方が秘密鍵と公開鍵を持ちます。送信者が秘密鍵でデータに署名し受信者が公開鍵で署名を検証すると、第三者がデータを改ざんしていないことが確認できます。

電子署名の利用は、特に信頼性が求められる場面で重要です。ブロックチェーン技術の中で広く利用されており、電子契約などの法的効力を持つ場面でも活用されています。デジタル署名と混同されることがありますが、同じではありません。

セキュリティ強化のため、多くのルールや取り決めが存在します。効率的なアルゴリズムの利用がおすすめです。パフォーマンスに影響を与える場合があるため、適切な技術を選びましょう。

ブロックチェーンの種類

ブロックチェーンは、中央管理者を必要とせずに取引データを安全に記録・管理できる仕組みです。ブロックチェーンには、種類がありそれぞれ特徴は異なります。

ブロックチェーンの種類は以下の3つ。

  • パブリックチェーン
  • プライベートチェーン
  • コンソーシアムチェーン

パブリックチェーン

パブリックチェーンは、ブロックチェーン技術を用いたシステムの中でも、特に接続しやすい形式です。ビットコインやイーサリアムが代表的な例です。すべての取引を公開しており、誰でもブロックチェーン全体の検証ができます。

パブリックチェーンは、コンセンサスアルゴリズム(※)を使用しており、マイニングによって合意形成が行われます。ネットワーク全体がひとつの意見に統一されるため、取引の信頼性が高いです。ただし、パブリックチェーンには2つデメリットがあります。

  • トランザクション速度が遅い
  • エネルギー消費が多い

パブリックチェーンにはデメリットはありますが、システム全体の安定性が高いという点で非常に有用です。

※ コンセンサスアルゴリズムとはノード間で合意形成を行うメカニズムのこと。

プライベートチェーン

プライベートチェーンは、特定の組織や企業によって管理されるブロックチェーンです。許可されなければ、ネットワークに参加できません。アクセス制限があるため、セキュリティとプライバシー保護のレベルが高く、外部からの攻撃リスクが低いです。

プライベートチェーンは、高速な取引処理ができスケーラビリティに優れています。プライベートチェーンが適しているのは、企業内部のデータやサプライチェーン管理です。取引コストが低いため、ビジネス用途に向いています

プライベートチェーンは、エネルギー消費が少ない点がメリットです。許可された参加者のみネットワークに参加するため、無駄な計算資源を使わずに済むからです。企業内部でのデータ管理が効率的に行えます。ただし、内部での不正行為を防ぐための監視と規制が欠かせません。

コンソーシアムチェーン

コンソーシアムチェーンは、特定のグループや団体によって管理されるブロックチェーンです。メンバー間のみにアクセス権や取引権が限定されるため、企業間の協力に適しています。プライバシーと透明性のバランスが取れており、高速な取引処理ができるのが魅力です。

コンソーシアムチェーンは、信頼できるメンバーで構成されているため信頼性が高いです。スケーラビリティが高く、ガバナンスも柔軟に設定できます。

複数の銀行が協力して新しい金融サービスを提供する場合、すべての関係者が安全で透明性のある環境でデータの共有が可能です。エネルギー消費が少なく法的規制を遵守しやすいことから、法規制の厳しい業界でも安心して導入を進めています。

ブロックチェーンのメリット

ブロックチェーンのメリットは以下の4つです。

  • 高い透明性
  • 改ざん防止
  • 分散型管理
  • コスト削減

高い透明性

ブロックチェーンの大きなメリットのひとつは、透明性が非常に高いことです。すべての取引が公開されており、誰でも確認できるため、不正や不透明な取引を防げます。

データは分散型の記録方式で管理されているため、改ざんが非常に難しいのも特徴です。取引がブロックチェーン上に永続的に記録されるため、誰がいつどこで何を取引したかが簡単に追跡可能です。

スマートコントラクトを利用すると、条件に基づいた取引が自動的に実行されるため、手続きの透明性がさらに向上します。ブロックチェーンは、参加者全員が同じデータを共有します。信頼性が高まり、持続的なデータの一貫性を保つことが可能です。透明性の高さは、金融業界やサプライチェーン管理などで非常に重要です。

改ざん防止

ブロックチェーンは、データの改ざんを防ぐための強力な仕組みを持っています。データの改ざんを防ぐ仕組みは以下のとおりです。

  • ​​暗号技術によりデータの改ざんが困難である
  • ハッシュ関数を使用してデータの一貫性を保証している
  • ブロックチェーン全体に分散されているため、単一障害点が存在しない
  • コミュニティ全体でデータの正当性を検証する
  • 過去のデータの変更が困難なチェーン構造である

ブロックチェーンは、高いセキュリティを提供し、信頼性の高いシステムとして広く利用されています。

分散型管理

分散型管理とは、データをネットワーク上の複数のノードに分散し保存する仕組みです。中央管理者は存在しません。データの検証や整合性が独立して行われるため、非常に高い信頼性を持ちます。

各ノードが独立してデータを検証するため、1カ所だけの変更はできず、改ざんはほぼ不可能です。単一の障害点が存在しないため、システムエラーが起こりにくい特徴があります。

ノードが攻撃されたとしても他のノードが正常に動作するため、ネットワーク全体がダウンするリスクが低いです。分散型管理の利用で、データの信頼性やセキュリティを高められます。

コスト削減

ブロックチェーンの導入には、コスト削減という大きなメリットがあります。多くの企業にとって、魅力的なポイントです。コスト削減となる理由は以下のとおりです。

  • 中間業者の排除による手数料削減
  • 自動化されたスマートコントラクトによる運用コストの低減
  • 分散型ネットワークにより集中管理コストの削減
  • トランザクションのリアルタイム処理による時間短縮と効率化
  • 不正防止機能により監査費用の削減
  • 透明性の高いデータ管理による管理コストの削減
  • 信頼性の向上により訴訟費用の削減
  • 取引の簡素化による事務処理コストの削減

企業の運営効率が向上し、結果的にコスト削減が実現できます。

ブロックチェーンのデメリット

ブロックチェーンのデメリットは以下の4つです。

  • データの消去が困難である
  • コンセンサス形成に時間がかかる
  • 取引処理のスピード制限がある
  • 法規制の問題がある

上記デメリットを理解すれば、ブロックチェーン技術の適用範囲やリスクを、より明確に把握できます。

データの消去が困難である

データの消去が困難である理由は、ブロックチェーンの構造にあります。1度記録したデータはチェーン状にリンクされているため、削除や変更が非常に難しいです。各ブロックが前のブロックとリンクしています。過去のデータを改ざんすると、後続のすべてのブロックも再計算しなければなりません。

大量の計算資源が必要となり、実質的に改ざんは不可能です。データを消去するためには、ネットワーク上のすべてのノードが合意する必要がありますが、現実的ではありません。法的要件やプライバシーの観点から、データの消去を求められても対応が難しいのが課題です。

コンセンサス形成に時間がかかる

コンセンサス形成に時間がかかる理由は以下のとおりです。

  • コンセンサスアルゴリズムを採用しており、ノード間の合意形成に時間がかかる
  • 1度に多くの取引が発生すると、ブロックチェーンの取引速度が制限される場合がある

分散型ネットワークの特性とコンセンサスアルゴリズムの仕組みが、コンセンサス形成に時間がかかる主な理由です。分散型ネットワークでは、各ノードが取引の検証と承認を行うため時間がかかります。

ネットワークの規模が大きくなるほど、合意に達するために必要な時間は増加します。ビットコインのような大規模なネットワークでは、この問題が顕著です。しかしコンセンサス形成は、信頼性を確保するためには避けられません。

取引処理のスピード制限がある

ブロックチェーンでは、各ブロックに含められるデータ量が決まっています。取引量が多いと、大量の取引を短時間で処理するのは難しくなります。

取引処理のスピード制限がある理由は以下のとおりです。

  • 各ブロックの生成に一定時間かかる
  • ネットワークの遅延
  • 高いトランザクション量による混雑
  • スケーラビリティの課題

現行のブロックチェーン技術は、大量の取引を効率的に処理する能力に限界があります。スケーラビリティの向上が課題です。

法規制の問題がある

ブロックチェーン技術には、多くの法規制の問題があります。国ごとに規制が異なるため、国際的な取引やプロジェクトが難航する場合があるからです。KYC(顧客確認)やAML(マネーロンダリング防止)に関する規制は、非常に厳格です。企業が要件を満たすためには、多大なコストがかかる場合があります。

一部の国では、暗号通貨関連の活動が全面的に禁止されています。禁止されている国での事業展開はできません。法律が追いついておらず、法的な不確実性が高いことが、技術の普及を妨げる要因となっています。

まとめ

ブロックチェーンは、データの透明性や改ざん防止や分散型管理といった特徴を持ち、さまざまな分野での利用が期待されています。ビットコインのような暗号通貨だけでなく、サプライチェーン管理や契約の自動化など、幅広い用途で役立つ可能性があります。

ブロックチェーンの導入は、ビジネスの効率化やコスト削減に効果的です。ただしデータの消去が困難であることや、コンセンサス形成に時間がかかるデメリットを忘れてはいけません。メリット・デメリットを考慮しつつ、ブロックチェーン技術の適用範囲を見極めることが重要です。

» Web2.0の特徴と主なサービス

コメント

タイトルとURLをコピーしました